趣味の総合サイト ホビダス
 

002)TYPE-2の最近の記事

1966 Type2 11window

| Category: | コメント(0)

タイプ2に乗ると
ライフスタイルが楽しくなる。

0223_.jpg

千葉県、九十九里海岸。ビーチが続く海岸線は、夏になると海水浴、そしてサーフィンをするサーファーたちで混雑し夏のレジャースポットとなる。そんな海岸線を目指してクーラーが利いたバスで家族で出かけたら楽しいことだろう。クルマを詳しく知らないギャラリーからは、「クーラーはないんでしょ?」、「壊れるの?」と疑心な質問が飛び交うが、このバスは『TOA INTERNATINAL』がレストアを施したばかりのコンディション抜群の1966年型タイプ2・11ウィンドウだ。
 程度のいいベースから仕上げたバスは、当時の純正色L289ブルーホワイト、L380ターキスにてボディをオールペイント。水漏れ対策としてウィンドウまわりのラバーはすべて交換。足元のラバーマットも交換済みなので新車に近い仕上がりとなっている。数年前にオーバーホールをした1600ccエンジンを搭載し、12Vに変更済みなので気軽に家族でドライブが楽しめる。なんといっても猛暑とよばれる日本の夏に、クーラーが装備済みなのはありがたい。助手席のパートナーも快適に、楽しく過ごすことができる。

0237_.jpg

タイプ2は世界中でクラシックカーと認められ、程度のいいベース車は少なくなっており価格が高騰。世界中のVWコレクターがバスを探しており、将来バスを手に入れて趣味の世界を広げたいフリークには専門店がパーツを厳選して仕上げたバスを手に入れることが望ましい。家族で楽しくドライブを楽しめるバス、そんなコンセプトのクルマを所有したら、趣味の世界がますます広がるに違いない。

LET'S PLAY VWs46にて掲載

取材協力/TOA INTERNATIONAL phone/045-501-0797

http://www.toajp.com/

  • 1

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Recent Comments
Recent Trackbacks

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング