趣味の総合サイト ホビダス
 

1960 TYPE1 FAST DIAMOND

| Category: | コメント(0)

魅せる決意。
夜の街、仙台国分町。「Fast Diamond」の異次元の輝き。

4619.jpg

 2013年12月、カスタムカーの祭典『HOTROD CUSTOM SHOW 2013』でデビューを飾った『Fast Diamond』のショーネームを持つ、1960年式TYPE-1-ラグトップ。随所に見られるクオリティーの高さには本誌「Let's Play VWs」からも賞賛を贈ったことは記憶に新しい。そのスタイルは極限まで低いスタンスを備え、VW純正色(オーバル純正カラー)のダイヤモンドグリーンのボディとメッキのコントラストが、宝石の様に輝く。紅色のシートとラグトップのマッチングがなんとも言えない高級感を漂わせ、まるでパーティドレスを着飾った女性を見ているかの様であった。
 
 その一昨年前、『 HOT ROD CUSTOM SHOW 2012』(以下 HCS)でフィーチャーされた『Air Cooled in Action』の会場へオーナー佐藤氏は足を運んでいたのだ。そこで目にした数々のVW達に魅了され、彼の心を大きく動かす特別な1日となった。「この会場に自分のVWを持ち込む ! 」強い決意が芽生えた瞬間でもあった。その日から、本格的なショーカー製作への道が始まったのである。
 
 そして、このクルマの一番の見せ場は、足下に輝くENKEI5スポークホイールをセレクト。オフセット・リム幅は、市販モデルでは存在しない特注品。従来から履いていたこのホイールともう1セット全く違うリムの深いホイールを購入しい、それぞれのホイールを切断し、パーツごとに接合させたワイドリムホイールなのだ。タイヤに組み込んでは不具合を探し、修正する。この途方もない作業を繰り返したことで完成したホイールなのだ。その出来映えは、ホイールメーカーからも絶讃を頂く程の逸品。身だしなみは足下からと言わんばかりの見事な仕上がりを実現したのである。

 また、インテリアで拘りを見せたパーツの中に美しく輝くタコメーターがある。AUTOMETER の様なレーシーなタイプではなく、MOONEYES製をチョイス。しかしダッシュに埋め込むタイプだったため、メーター裏のカップは附属していなかった。こちらをアルミでワンオフ製作し、更にフレイク塗装を施し、ダイヤモンドのごとく輝かせたのであった。ラジオのプレート部分にも同様の施行がなされ、リングとネックレスを身につけ着飾っているかの様な演出を魅せた。

 この紅色のシートに座りイグニッションキーを回す。その美しい容姿からは想像出来ない図太いエキゾーストサウンドが周囲の空気を震わせた。アイドリングだけでもこのクルマのポテンシャルが分かるサウンドが鳴り響く。これは、ショーカー的な要素とは別にオーナーとビルダーが拘ったもう一つのポイントだ。「ビッグパワーでとにかく速く! 」「美しく振る舞い、速く走る」この2つを狙ってのプロジェクトでもあったからだ。

 組み上がったエンジンは、2276ccのトルクフルなビッグモーター。エンジンの両サイドにはハイパフォーマンスエンジンには欠かせないWEBER 48 IDA が聳え立つ。そしてフロントは、8インチのナロード化。そこにワイド加工及び特注オフセットを施した ENNKEI5スポークを履く。ルックス重視のナロードと思われるかもしれないが、直進安定性を重視した仕様だ。そして、シャシーと路面クリアランスを極力低くするため、ミッションを2インチレイズド。そうすることでバランスの取れた低重心化を実現している。

4445.jpg

4632.jpg

上/クルマに乗る二人の美女。「紅いシートが凄くお洒落〜」「うぁ〜天井が開くんですね〜」ラグトップを開けると開放感満点!車内での会話も弾む。
フレイクペインとされてタコメーターはダイヤのごとく輝く。ぱっと見GTステアリングかと見間違うこのステアリングは、ホンダN360愛称は「Nコロ」のステアリングを採用。スポークをヘアーライン加工し、FLAT4 GTステアリングのボスを流用して落ち着きある仕上げを施している。

下/ ファンシュラウド・チンを艶あるブラックペイントへ。WEBER 48 IDA ファンネル部分をポリッシュし美しい輝きを放つ。GENE BERG製のマニフォールドとリンケージがセットされる。イグニッションは、MSD 6AL。赤いプラグコードがアクセントとなる。エンジンサイズは、2276cc(ボア:94mm×ストローク:82mm)、ヘッドは、純正を採用し IN:40mm EX:35.5mm のビッグバルブを組み込む。カムシャフト:ENGLE W-130 を組み合わせる。コンプレションは11:1とハイコンプエンジンだ。


Special thanks to HEAD ROCK MOTORS
Phone/022-290-0846
http://www.headrockmotors.com

(詳細はLET'S PLAY VWs46にて掲載)

コメントする

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Recent Comments
Recent Trackbacks

 

趣味の総合出版社 ネコ・パブリッシング